白いスニーカーの洗い方!手入れで汚れのない真っ白な状態にする方法は?

どんな服にも合わせやすい白いスニーカーは、一足は持っている方が多いのではないでしょうか。

合わせやすいのでついついヘビーローテションで履いてしまい、汚れも蓄積してしまってどうしようか悩んでいる方もいると思います。

今回はそんな方のために白いスニーカーの洗い方を紹介したいと思います。

キャンパス生地のスニーカーの洗い方

画像

スニーカーにも色んな素材がありますが、まずキャンパス生地のスニーカーの洗い方について説明をしていきます。

 

①まずはスニーカーに通されているヒモを取ってください。ヒモをが付いている状態だと中身が上手く洗えないので。

他にもインソールが取り外せるタイプのスニーカーなら、取り外して下さい。

インソールを付けたまま洗っても細かい所が洗えませんので。

 

②バケツやシンクに40度~45度のお湯を張りましょう。

この温度のお湯を用意することが難しい方は、お風呂のお湯を持ってくるという方法もあります。

他にも、水と同量の沸騰したお湯を混ぜるとだいたい50ぐらいのお湯を作ることもできます。

 

お湯を張った後はスニーカーをお湯の中に入れてください。

お湯を用意することが難しいという方は水でもOKです。

ただしお湯の方が汚れは落ちやすいです。

 

スニーカーを入れた後は、靴用の洗剤を適量お湯の中に入れてください。

靴用の洗剤が無いという方は普通の洗濯用の洗剤でも良いです。

 

お湯につけたら30分ほど放置してください。

汚れがあまりにひどい場合はもう少し放置する時間を長くしても良いです。

 

この時に取り外したヒモやソールも一緒につけておくと良いですよ。

 

③時間になったら、ブラシを用意してスニーカーの外側を磨いてください。

スニーカーに直接洗剤をつけて洗うと効果的です。

ブラシですが、他の靴を洗った時に使ったブラシなどは使わないようにしてくださいね。

 

細かいところは固めの歯ブラシを使うという方法もあります。

歯ブラシは使い捨てという形になってしまいますが。

もう使わない歯ブラシなどでも良いと思います。

 

④次にスニーカーの内側を洗ってください。

内側の汚れは、中から外に掻きだすようにするのを意識してみると良いですよ。

 

⑤汚れが取れたと感じたら、洗剤を水で流してください。

このときに洗剤が落ちずに残っていると、後にシミとなってしまうので、丁寧に水で洗ってくださいね。

 

この時にヒモやソールも一緒に洗いましょう。

 

⑥後は、水気を切り、風通しのいい場所で陰干しをしてください。

日が当たる場所は避けてください。ひび割れなどが起きる場合があります。

乾かす時は斜めに立てかけておくといいですね。

 

これで後は乾くのを待つだけです。

お疲れ様でした。

合皮素材のスニーカーの洗い方

Sponsored Link

 

次に合皮素材のスニーカーの洗い方です。だいたいキャンパス生地と流れは同じです。

 

①スニーカーについているヒモやソールを取り外して下さい。

ソールが取り外すタイプではなければそのままでいいです。

 

②30度のお湯を用意して、中性洗剤を少量、中に入れてください。

この時にヒモやソールは別に洗ってくださいね。スニーカーと一緒に漬けるのはオススメしません。

 

③まずは外側からブラシで洗っていきます。

キャンパス生地とは違って、柔らかいブラシを用意するようにしてください。

傷がつくのはNGなので、固めのブラシは使用しないようにしてくださいね。

 

④内側をブラシで洗ってください。

中から外に掻きだすようにブラシを動かしてくださいね。

 

⑤綺麗になったら、洗剤を水で流してください。

この時に使う水は綺麗な水を使用してくださいね。

 

⑥水気をタオルなどで拭いて、日陰の風通しのいい所で干してください。

乾くのを待って、ソールやヒモをつけたら完了です。

お疲れ様でした。

綺麗になった後は?

画像

綺麗になった後も、気になる汚れが残っていた、なんてこともあると思います。

でもスニーカーというのは、洗うほどダメージを受けるものなので、短い期間に何回も洗いなおすのはオススメできません。

 

ゴムの部分に汚れが残っていた、とうい場合はアルコール除菌スプレーを使うと良いですね。

あとは『激落ちくん』とうスポンジみたいな商品があるので、それで擦るという手もあります。

市販の消しゴムで擦るのも有効ですね。

 

汚れが全て落ちて、『この状態を保ちたい!』という方は、防水スプレーを使うと汚れがつきにくくなりますよ。

雨の日に、あらかじめ吹きかけておくと、汚れることも少なくなるはずです。

他にも、汚れやすい素材で作られているスニーカーにも有効ですね。

 

この防水スプレーは靴屋さんに行けば手に入れることが出来ます。百貨店などでも売ってると思います。

日頃から使う習慣をつけておくといいかもしれませんね。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ