スニーカーの保存方法でジップロックは有効?長持ちさせる手入れ方法は?

愛用のスニーカーは少しでも長持ちさせて履きたいですよね。

今回はスニーカーの保存方法や長持ちさせる手入れ方法について説明していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スニーカーを長持ちさせる保存方法は?

画像

スニーカーの中には加水分解をして、スニーカーのソールのあたりがボロボロになってしまうものがあります。

コレクションをしているスニーカーなどがある方も多いと思いますが、数年ぶりに履いた瞬間にボロボロになってしまった、ということも聞きます。

 

この加水分解を防ぐ方法についてですが、完全に防げる方法は無いそうです。

新品で箱に入れたまま放置しておけば安心、というわけにはいきません。

 

まず加水分解を防ぐ方法についてですが、まず室内に置く時は湿気の少ない所に置くようにしましょう。

あまり水気のあるところには置かない方が良いですね。

 

しまう棚ですが、できれば開放型の棚の方が良いです。

戸付きの棚しか無いという方は、こまめに開けたりして換気をするようにすると良いですよ。

 

あまり開けっ放しにしていると家族から怒られてしまうこともあるかもしれませんがw

 

他にも方法はあり、同じスニーカーを何日も連続で履かないということも有効です。

何足かスニーカーをローテーションして履いていくということですね。

 

3足ぐらいあれば充分だと思いますが。

ローテーションして履くことにより、履き終わった靴が乾く時間が取れます。

あまり連続して履くと、加水分解も早まってしまうということですね。

 

あと履かずに保存をしているコレクターの方もいると思いますが、そういった方はジップロックを使って保存すると良いですね。

ジップロックにスニーカーと除湿剤を入れて、ポータブル掃除機で中の空気を吸い取り、そのまま箱の中に入れるという保存方法があります。

コレクター向けの保存方法ということになりますね。

ジップロックはスニーカーが入る大きめのサイズが良いですね。

 

Sponsored Link

スニーカーの変色を防ぐには?

Sponsored Link

 

加水分解も厄介な問題ですが、他にもスニーカーの色の変色も嫌な問題ですよね。

この変色を防ぐには、まず買った時についてきた包装紙を全て捨てるということが有効です。

 

実はこの包装紙にはスニーカーに良くない成分も含まれていて、買ってそのまま放おっておくと変色をしてしまうようです。

これは意外な落とし穴ですね。

 

あと他にも変色を防ぐために必要なことがいくつかあります。

タバコの煙はダメですね。

愛煙家の方が家族にいる場合は、スニーカーが多少変色してしまうこともあるかもしれません。

タバコを吸わないのがベストなのですが。

 

次に日の当たる所に置き続けるのも変色の原因になってしまいます。

これは知っている方は多いと思います。

なるべく日の当たらないところで保管しましょう。

まとめ

画像

スニーカーを長持ちさせる方法や変色を防ぐ方法についてでした。

これらの方法を使えばスニーカーを長持ちさせることができると思います。

 

でもあくまで長持ちをさせるだけであって、いつかは愛用のスニーカーもダメになってしまう時が来るというのは頭の片隅に入れておく必要があると思います。

悲しいことですが、スニーカーは消耗品ですからね。

 

あと加水分解で割れてしまったスニーカーはどうしたら良いのか?ということですが、『リペアサービス』というサービスを使って直すという方法もあります。

お金はかかってしまいますが、思い入れのあるスニーカーだったら、そういうサービスを使ってみるのもアリだと思いますね。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ