白いスニーカーの黄ばみを落とす方法とは?原因と汚れ防止のためにすること

白いスニーカーは

履いているとだんだんと

汚れてきますよね。

 

黄ばみなども出てきて

履かなくなってしまいがちですが

それだと勿体ないですね。

黄ばみを落として

きれいに使いましょう。

黄ばみの原因は?

Sponsored Link

白いスニーカーの黄ばみの原因は

部位によって変わってきます。

 

まずゴムの部分ですが

黄ばみの原因は

ゴムの劣化になりますね。

 

あとゴム以外の部分、

布地、キャンバス地などの部分は

汗や皮脂が原因となります。

ゴムの部分の黄ばみを落とす方法は?

ゴムの部分の黄ばみを

落とす方法ですが

黄ばみを取るには

その部分を削り取ることしか

方法はありません。

 

少し黄ばんでいる場合は

メラミンスポンジ

を使って水で濡らしてから

擦りましょう。

 

それでは落ちそうにないなら

キッチンクレンザーを使って

布などで擦ってください。

 

残念ですが

一度黄ばんでしまった部分を

また白くするというのは

難しいです。

 

すり減らして

黄ばみを取るしかないので

これらの方法で

黄ばみを取ってみてください。

 布やキャンバス地の汚れを落とす方法は?

布やキャンバス地のスニーカーの

汚れを落とす方法ですが

靴ひもやソールなども

一緒に洗う事ができるので

まとめて洗ってしまいましょう!

 

軽い汚れの場合は

靴を湿らせてから

洗濯用洗剤や中性洗剤

つけて洗います。

この時に靴ひもも一緒に

洗いましょう。

 

汚れが落ちたら

水で洗い流してください。

洗剤が残っていると

また黄ばみになってしまって

意味がないので

洗い残しに注意ですね。

 

それでも落ちない場合は

靴が入る容器に

40°のお湯を入れて

中に洗濯用洗剤や中性洗剤を

入れてください。

 

その中にスニーカーや靴紐を入れて

白いスニーカーの場合は

丸一日つけておきます。

もし色がある場合は

八時間以内にしてください。

 

終わった後は

洗剤をしっかりと

洗い流してください。

これらの方法で

黄ばみはだいたい

落ちるはずです。

 

もし落ちない場合、

それはもう仕方ないということで

思い切って買い替えてしまう

というのもアリだと思います。

どんなスニーカーも

いずれは寿命が

きてしまうものですので。

汚れを防止するには?

汚れを落として

スニーカーの寿命を

長持ちさせるには

しなければならないことが

あります。

 

といっても難しいことでは

ないですよw

 

①一日の終わりに

ブラシで汚れを落とすこと

 

②水で濡れた時は

水分をふき取って

風通しのいい場所で

乾かすこと

 

この二つを行うことで

スニーカーの寿命も

長くなるはずです。

 

あとはたまには

履かないスニーカーも

出すことで

黄ばみ防止にも

なるそうなので

ぜひ行ってみてください♪

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ