濡れたスニーカーを1日で早く乾かす裏ワザ的な方法はある?

雨でスニーカーが濡れてしまったり、運悪く水たまりに足を突っ込んでしまったりすると気分は最悪ですよね。

そこで濡れたスニーカーを1日で乾かす方法を紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

濡れたスニーカーを早く乾かす方法は?

画像

①新聞紙を詰める

わりと有名な方法かもしれませんが、新聞紙をスニーカーの中にちぎって詰めるという方法は有効です。

もう読まない新聞紙を使いましょう。

 

その際には、まずスニーカーの外側を拭いてください。

それから新聞紙を詰めるようにしましょう。

 

一時間ごとに中の新聞紙をチェックして、濡れていたら新しい新聞紙と交換をしてください。

新聞紙を入れて干す状態ですが、つま先を下にして干すようにしてくださいね。

 

また、干している間、その部屋にエアコンがあれば除湿をするとさらに効果的です。

もし新聞紙が無いという場合はキッチンペーパーや使わなくなった電話帳などでも代用できます。

新聞紙が一番気兼ねなく使えると思うのでオススメです。

 

②乾燥剤を詰める

乾燥剤を買ってきて詰めるという方法もあります。

また買わなくても、おせんべいなどの袋の中に入っている場合もあるので、そのような乾燥剤でも代用できます。

 

靴専用の乾燥剤というのも市販されているので、そのような商品を一足分あらかじめ買っておくと困ったときに役立つと思います。

 

③ドライヤーを使う

ドライヤーを使うというアイデアを思いついた方は多いのではないでしょうか。

でも熱風をスニーカーに当て続けるのはあまり良いことではありません。

 

熱でスニーカーの形が変形してしまうこともありますからね。

なので使うとしたら冷風を出す設定にして使いましょう。

 

でもこの方法はドライヤーをずっと乾くまで当て続けなければならないという少し面倒なデメリットがあります。

 

ですが、最近ではシューズドライヤーという商品があり、変わった形のドライヤーに靴を差し込むだけで、ドライヤーが乾かしてくれるというスグレモノもあるそうです。

でも一般的にドライヤーと言ったらヘアドライヤーを指しますね、すみません^^;

 

④扇風機を使う

扇風機もドライヤーと同じようにして使えますね。

風の強さの設定は中~強が良いのではないかと思います。

 

ただ、靴に臭いがある場合は風で部屋中に『臭い』が充満してしまうことも考えられます。

窓などは開けた方が快適かもしれませんね。

扇風機があるのは夏頃が多いと思うので夏限定の対策ということになりますね。

 

⑤ヒーターやストーブを使う

扇風機が夏限定としたら、ヒーターは冬限定ということになりますね。

ヒーターやストーブの周りに置いて乾かすのは効果的なのでオススメなのですが、つい干していることを忘れてしまったりすると火事の原因になりかねないので注意が必要です。

 

ネット上でもこの方法で良く乾いたという方は多いみたいなので、冬は有効な手段となりますね。

 

⑥脱水機にかける

洗濯機の脱水機能を使って脱水するという方法もあるみたいですね。

 

また、コインランドリーなどに靴専用の脱水機があるそうです。

全てのコインランドリーにあるわけでは無いと思いますが。

 

もし近くのコインランドリーに靴専用の脱水機があるなら、そこを使うという手もあります。

洗濯機や脱水機にかける際は、『ネット』に入れてからかけてくださいね。じゃないとスニーカーがボロボロになってしまう可能性があります。

臭いを消すには?

Sponsored Link

 

その他にスニーカーの臭いを消す方法についても紹介したいと思います。

①10円玉を入れる

スニーカーの中に10円玉を2枚入れるという簡単な方法で臭いを消すことができるそうです。

10円玉は銅で出来ているので、銅の消臭効果が期待できるということみたいですね。

 

もちろん使い終わった10円玉は拭いてから財布にしまいましょう。

 

②竹炭を使う

中に竹炭が入っている消臭剤を使うというのも効果的です。

竹炭で出来ているシューキーパーもあるみたいですし、そういったものを購入してみるのも良いかもしれませんね。

 

③重曹を使う

バケツにぬるま湯、洗剤、重曹を入れて洗うと臭いも落ちるようですね。

それなりに手間はかかると思いますが、臭いのもとを絶つことができるので効果は期待できます。

 

重曹はアルカリ性なので酸性の汚れは落としてくれるという仕組みのようです。

スニーカーがどうしようもなく『ずぶ濡れ』になってしまった時などは、いっそ洗ってしまうことも考えてもいいかと思います。

まとめ

画像

スニーカーは濡れてしまった時のために、他に何足か持っていると安心できますね。

一足しかないと1日で乾かさないといけないですからね。

 

でも1日乾かさなければいけない時は、上に挙げた方法でぜひやってみて下さい。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ