スニーカーの防水スプレーのかけ方やかける理由は?綺麗に履く方法とは

今回はスニーカーに防水スプレーをかける時のかけ方やかける理由などについて解説していきたいと思います。

意外と防水スプレーをしないという方も多いと思いますので、今回の記事を参考にスプレーをすることも考えてみてください。

スニーカーに防水スプレーをかける理由とは?

画像

まずスニーカーに防水スプレーをかける理由についてですが、濡れにくくなるということがありますね。

完全に水気をシャットダウンするということはできないですが、濡れにくくするということは出来ます。

 

なので、特に雨の日など、濡れるとわかっている日は防水スプレーをしていくのをオススメしたいですね。

雨の日にスニーカーを履いて出かけると、結構濡れてしまうものなので。

 

他にスニーカーに防水スプレーをかける理由ですが、スニーカーが変色してしまったり変形してしまうのを防ぐという効果もあります。

スニーカーって意外と色んな素材で作られていて、中には水に弱い素材もあると思います。

 

逆に水に強いという素材なら良いのですが。

なかなかそのような素材は無いように思います。

 

自分も過去に買ったスニーカーで、水に弱い素材のスニーカーを買ったことがあります。

その時は防水スプレーも一緒に購入したのですが、ある時使い忘れてしまって大変な思いをしましたね。

 

やっぱり変色をしてしまい、そういう水に弱い素材ほどケアをした方が良いということを痛感させられました。

手入れが面倒でやりたくないという場合は、なるべく水に強そうな素材を選ぶと良いと思います。

 

どのようなスニーカーでも手入れは必要になってくるのですが、水に強い素材ならスプレーをする頻度も減りますので。

使う防水スプレーのタイプは?

Sponsored Link

次に使う防水スプレーのタイプについてですが、防水スプレーにもいくつか種類があるようです。

 

まずシリコン系防水スプレーという防水スプレーがあります。

このシリコン防水スプレーですが、スニーカーに向いているのかというと、あまり向いていないようです。

 

通気性が悪くなってしまうそうです。

もともとスニーカーって通気性がそこまで良くないというイメージがあるので、さらに通気性が悪くなるとかなり悲惨なことになりそうですね。

 

シリコン系の防水スプレーというのは主に雨具やレインコートなどに用いるそうで、スニーカーには使えないようですね。

併用できるととても便利なのですが。

 

ではどのような防水スプレーを使用すれば良いのかということですが、フッ素系の防水スプレーを使用すると良いそうです。

フッ素系の防水スプレーは通気性が失われないのでスニーカーに吹きかけるのに向いているみたいですね。

 

あとスエード系の素材ですが、スエード素材のスニーカーにはスエード専用のスプレーをするのが良いと思います。

スエード系のスニーカーも人気があってこのブログでも何度も紹介していますが、手入れをしないとまずいことになってしまいますので、スエード系のスプレーで手入れをするのがオススメです。

 

このように防水スプレーも色んな種類があり、購入する際にパッケージを細かくチェックするなどして確認した方が良いですね。

適当に買ってしまったら、持っているスニーカーには合わないという事態もありえます。

防水スプレーのかけ方は?

画像

最後にスニーカーへの防水スプレーのかけ方についてですが、まず紐を外します。

紐を外して本体と紐と別々にスプレーを吹きかけるようにします。

 

そうしないとスプレーがかからない部分が出てきてしまいますので。

どうせスプレーをするなら完璧にスプレーをかけてコーティングした方が気持ちよく履けますね。

 

あと汚れが付いている場合は初めに汚れを落としてからスプレーをすると効果的です。

できれば購入した当時のように汚れの無い状態の方がスプレーの効果は高いです。

関連記事⇛白いスニーカーの洗い方!手入れで汚れのない真っ白な状態にする方法は?

 

スプレーをする時は本体からは25cmほど離してスプレーをしてください。

片方づつ5秒ぐらいで良いです。

 

あまり秒数などは厳密に数えなくて良いと思いますが、表面が軽く濡れるぐらいに調整をしてください。

あとは乾くまで待つだけです。

 

スニーカーを長持ちさせるにはスプレーをするのが必須になってくるので、長持ちさせたいスニーカーには積極的にスプレーをする習慣をつけると良いですよ。

常にスニーカーを綺麗な状態に保つということを意識してみてください。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ