日本製スニーカーのブルーオーバー(blueover)で人気商品はどのモデル?

今回は日本製ブランドのブルーオーバーの人気商品について紹介していきたいと思います。

ブルーオーバーというブランドですが、2011年に大阪で立ち上がったブランドなのだそうです。

 

2011年なのでまだ立ち上がってそんなに時は経っていないブランドということになります。

4年ぐらいでしょうか。

 

このブランドの特徴は、手作業で一つづつ作られているところで、基本的に少数生産しかさせていないそうです。

なので出ているモデルは基本的に普通のスニーカーに比べてレア物ということになりますね。

 

気に入ったモデルがあって、後で買おうとしたら既に売り切れていた、なんてこともありそうです。

ということは欲しくなったらすぐ買わないと無くなってしまうということですね。

 

では一つづつ商品を見ていきましょう。

マイキー ベロアスエード

画像

引用元

まずはマイキーのベロアスエードです。

一枚革のシンプルなデザインとなっています。

 

ベースはクラシックスニーカーとなっていますが、そんなに古い感じもしないのが特徴ですね。

あととても発色が良いです。

自分はネイビーのカラーが欲しいです。

 

履き心地もとても良さそうです。

マイキーミッド ベロアスエード

Sponsored Link

 

 

画像

引用元

マイキーミッド ベロアスエードです。

先ほど紹介したローカットのマイキーのミッドカットバージョンですね。

 

ミッドカットになると雰囲気も変わりますね。

ミッドカットも少しレトロな感じがあります。

ショーティー

画像

引用元

アッパーにはスエードとナイロンを使用しています。

なんとなくヴィンテージスニーカーのような印象を受けました。

 

でも中身はそれだけでなく、かなりハイテクのようです。

EVAソールというソールが使用されており、履き心地も良く長時間履いても疲れない仕様となっています。

 

ランニングシューズではなく、街で履くための設計がされているようなので、ぜひ普段街で履いてみてください。

かなり履き心地は良いようです。

ショーティー スムース

画像

引用元

ショーティー スムースです。

スムースレザーは質の高い物を使用しているそうです。

マーティー

画像

引用元

マーティーです。

これまでのスニーカーと比べて、ランニング使用可能モデルとなっています。

 

今までのモデルはあまりランニング向けではなかったということになりますね。

それに比べてこのモデルではランニングができるということで、ランニングをする方はランニングシューズとして購入するのも良いかもしれませんね。

 

もちろんファッションとして使うのもできますし、どんな服にも合わせやすいと思うので、普段用に使うのも良いですね。

マーティー スムースレザー

画像

引用元

上で紹介したマーティーのオールレザーバージョンになります。

このモデルももちろんランニングが出来るように設計をされているので、軽快に動けそうですね。

 

白いレザースニーカーなので汚れなどは注意したいところですね。

関連記事⇛白いレザースニーカーの頑固な汚れを除去して落とす手入れ方法は?

マーティー ヌバック

画像

引用元

マーティーのヌバックです。

ヌバックという単語もあまり聞かないかもしれませんが、目の細かいレザーのことを指すようです。

 

色んな素材で展開されているモデルのようですね。

保管などは通常のレザー製のスニーカーのように通気性の良い所に置いた方がいいです。

ルンマーランド

画像

引用元

ルンマーランドという変わった名前のスニーカーです。

つま先にゆとりがあるのが特徴のようですね。

 

なのでつま先部分に指があたって痛いという方には向いているのではないでしょうか。

まとめ

今回はブルーオーバーのスニーカーについてまとめみました。

どのモデルもクラシックな感じが出ていますが、きちんと機能面も考えられたスニーカーとなっていて、さすがその辺りは日本製ブランドだという印象でした。

 

生産数が手作りのため少ないというのが残念ではありますが、良い商品を出すためには仕方のないことなのでしょう。

その方が愛用したくなりますし、今後も新商品に注目していきたいですね。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ