スニーカー好き必見!布やレザー靴の簡単で正しい洗い方は?

今回はスニーカーの正しい洗い方について説明をしていきたいと思います。

スニーカーには色んな生地があって、少しややこしいですが、うまく洗い方を使い分けていきましょう。

洗えるスニーカーと注意が必要なスニーカー

画像

スニーカーの素材にはキャンバス地、スエード、レザーなどの素材があります。

キャンバス地などの布系は水洗いなどができるのですが、皮が使われている素材では、水洗いで痛むことがあるので注意が必要になってきます。

 

せっかく洗ったのに素材が劣化してしまったりすると悲しいので、きちんと専用の洗い方で洗っていきましょう。

キャンバス地のスニーカーの洗い方

Sponsored Link

布系のスニーカーは水洗いが基本となってきます。

洗剤を使って洗う際は、手荒れ防止のために手袋をして始めた方がいいですね。

 

①まずは紐を外しておきましょう。

紐もスニーカー本体が一緒になっていると隅々までうまく洗えないので、紐は外しておきましょう。

 

②40度くらいのお湯を用意する

汚れを効率よく落とすために、40度くらいのお湯を用意しましょう。

 

③洗濯用洗剤か靴用洗剤を入れて溶かす

洗剤は普通の洗濯用の洗剤でも良いです。

 

④スニーカーと紐を入れてください。

汚れがひどい時は二時間ほどつけておきましょう。

 

⑤ブラシや歯ブラシでこする

スニーカーの中をブラシでこする際は、奥から外側へ掻きだすようにこすってください。

歯ブラシを使うと、狭いところでも掻きだすことができますね。

歯ブラシは古い歯ブラシを使用してもかまいません。

 

⑥汚れが落ちたらすすいで日陰に干す

すすぎはよくするようにしましょう。

すすぎ残しがあると黄ばみの原因になったりしますので。

 

乾燥の仕方ですが、かかとを下にして干してください。

ペットボトルにはめて乾かしたり、つるすようにして乾かすのも良いですね。

針金ハンガーを使用するとつるすように乾かすことができます。

 

でも早く乾かしたいなら洗濯機の脱水機能を使うという手もあります。

脱水機を持っているという方は時間短縮ができますね。

きちんとネットにいれてかけてくださいね。

 

⑦最後にスプレーをかける

最後にスプレーをかけると、汚れから守ることができます。

綺麗な状態を維持できるのでオススメです。

メッシュやスエードの場合

①ブラシで全体の汚れを落とす

まずはブラシで全体の汚れを落としてください。

メッシュやスエード専用のブラシも売っているので、そういうブラシで汚れを落とした方がいいですね。

 

②専用の消しゴムでスエード部分の汚れを落とす

『スエード汚れ落とし』といった消しゴムも売っているので、こういった消しゴムで汚れ落としをしましょう。

 

③ぬるま湯に洗濯用洗剤を入れて溶かし、古い布につけて汚れ部分をこする

スエードやヌバック専用の洗剤というのもありますので、そちらの商品でもいけます。

 

④洗剤を落とす

洗剤を落としてください。すすぎ残しの無いようにしてくださいね、

 

⑤日陰に干す

あとは日陰に干すだけです。

かかとを下にして干すようにしましょう。

最後に紐を通して、スプレーをしてください。

レザーの場合

①紐を外しておく

これまで同様、紐と本体は外しておきましょう。

 

②ぬるま湯にさっとつける

あくまでさっとでいいです。

 

③皮用シャンプーをスニーカーにつけて、布でこする

 

④洗剤をぬるま湯で綺麗に洗い流す

 

⑤タオルで水気を拭き取る

 

⑥風通しのいい場所で日陰干しをする

日のあたる場所は避けておきましょう。

 

⑦乾いたら皮専用のクリームを塗る

艶も出て良い感じになります。

 

合皮の場合、洗うたびに劣化してしまうものなので、洗う際はペースを考えて洗ってください。

洗って劣化してしまうのも悲しいものなので。

汚れと劣化のバランスを考えて、ベストなタイミングで洗ってくださいね。

最後に

画像

スニーカーというのは履きやすい分、痛むのが早い傾向にあります。

あまり同じスニーカーを履き続けるのではなく、何足かローテーションをすると痛むスピードも遅くなりますし、スニーカーが休む時間も出来ます。

 

だいたい2日ほど休む時間は必要になってきますね。

スニーカーを何足か持っている方はローテーションというのを頭に入れて履いてみてください。

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ